たくさんのアイテムを携えた人生で、豊かさと健康へ。。

* 色と呼吸とヨガで ありのままで美しく、耀く女性を応援!

 埼玉県さいたま市大宮区のヨガサロン caapashanti(チャーパシャンティ)    Kaori  です *

 

 

今回はヨガのアーサナ(ポーズ)について書いてみたいと思います。

 

ヨガのアーサナに関しての捉え方は様々ですが、

身体を柔らかくするためでも

難しいポーズを達成するためでも

ポーズの美しい形を目指すことでもなく

 

「呼吸をするために身体を動かす」

 

と私は捉えています。

 

「上質な腹式呼吸を取るために、ヨガのアーサナ(ポーズ)を行う」

 

そのように学びましたし、そう捉えています。

ヨガの真髄は呼吸にあるからです。

 

正直、

アーサナがお手本通り取れていようが、いまいが重要ではありません。

身体が硬いも柔らかいも重要ではありません。

自分の意識が、

身体を動かしたいと思う方向に向いていること、

少しでも動かしたい方向に心と体が向き、呼吸が取れていれば良い

と私は思っています。

 

 

何よりも、ヨガのアーサナを行う上で大切なことは、「形」ではなく

どれだけたくさんのアイテム(アーサナ)を持っているかが重要です。

たくさんのアーサナを知っていることで、

身体に対して様々な角度からアプローチをかけることができ、

ヨガの目指すところである、身体全体のバランスを中庸にしながら

動き続けることのできる、健やかな身体を創ることが可能だからです。

 

例えば、どこかの箇所を痛めていたとしても、

たくさんのアーサナというアイテムを持っていれば

痛みから遠い箇所から筋肉にアプローチをかけるなど

様々な角度・方向から方法を考え、ヨガを行うことができるため

結果的に、身体全体のバランスを大きく崩すことなく、筋力を維持することができます。

 

 

これは人生においても同じことが言えるのではないでしょうか。

 

人生においてのアイテムとは『体験』や『経験』に値すると感じます。

たくさんの体験や経験というアイテムを携えていることは、様々な視点から物事を観察し

応用を利かせることができるため、

歳を重ねるごとに、起こる出来事に対しての向き合い方の質が向上し、

豊かで健やかな日々を、連続的に送ることができる。。

 

人生において、たくさんのアイテムを持ち合わせていることは

心の筋力を中庸に維持し、心の筋力低下を防ぎ、健全な心を保つことができるのだと感じます。

 

 

ヨガを通して

誰かや、何かの形にとらわれることなく

たくさんのアーサナを知り、自分の身体と呼吸に向き合えば

自分にとって必要な健康に辿り着くことができます。

同時に、身体と呼吸を通じて、生命へ感謝を感じる心も育ててくれます。

 

 

人生も、

誰かや、何かの形にとらわれることなく

多くの体験や経験に真摯に向き合い、体験や経験というアイテムを自分のものにできれば

必ず自分にとって、健やかで豊かな日々へ導かれてゆくのだと感じます。

良い意味で、謙虚さと、感謝の気持ちを学ぶこともできるはず。

 

まずは、

新たな体験や経験にチャレンジし、乗り越えることができるだけの心と身体づくりを

ヨガのアーサナを通して育ててみてはいかがでしょうか^ ^

Follow me!