死から見つめるヨガ

* 色と呼吸とヨガで ありのままで美しく、耀く女性を応援!

 埼玉県さいたま市大宮区のヨガサロン caapashanti(チャーパシャンティ)    Kaori  です *

 

ヨガの有名な聖典の一つに『ヨーガ・スートラ』というものがあります。

ヨーガ・スートラは、

特に「心の取り扱い方」について書かれているものだと捉えていただければ良いかと思います。

 

 

その中の有名な一節に

 

『 YOGA CHITTA VRITTI NIRODHAH 』

~心の作用を死滅することが、ヨーガである~

 

と記されているものがあります。

 

「心の作用の揺れを止めること、制御することがヨーガの目的である」 ということです。

 

 

私たちは、生まれた瞬間からすぐに外の世界に触れます。

そして、外の世界から様々なことを吸収しようと

あらゆるものから影響を受けながらも心と体を動かし魂を成長させてゆきます。

 

物事や人に出会うたびに、十分にそこから様々なことを吸収しようと

心は振れ幅を大きくします。

それは、私たちにとって『苦・楽・喜・悲』といった感情という形で現れ実感することがほとんどです。

 

充分に外の世界から吸収をし終えると、次に手放しを始めます。

ゆっくりと老いとともに。。。

 

自分にとって必要なもの・不要なものを、体験と経験を通して成長した魂の声で選別をし始め

心の振れ幅を小さくしてゆきます。

小さくなってゆく揺れの中で

あらゆる執着を捨て

静かにゆっくりと最期の揺れを停止させる、、、

 

つまり、美しく穏やかな死期を迎えるということになります。

 

 

『死』は一見すると悲しくも恐ろしくもあり、ネガティブな出来事のように感じますが

全ての人がそこへ向かう過程に、今もあることは、事実です。

 

ヨーガの目的から見えてくるもの、、

 

それは

『死を見つめ・受け入れること』こそヨガの最大のテーマかもしれません。

 

穏やかで美しい死を迎えるために

私たちはヨガをしている。。。

 

そう捉えることもできます。

 

 

私たちは、見えぬ未来や過ぎた過去に意識を取られ

不安や恐怖に陥ることが多くあります。

 

けれど 『死』という視点から見つめれば、全ての焦点は一つであることをヨガは教えてくれます。

 

 

ヨガを通して心の動き、振れ幅をコントロールしながら

楽しいことは楽しく

辛いことが起こった時は過去の記憶やデータからの感情を通して辛くなっているんだ、、

ということを客観的に見つめ

「私」と「感情」を切り離して考え

ひとりひとりそれぞれが、

今の自分にとって心地よい心の揺れを目指してゆけたらいいな、、とヨガを通じて感じます。

 

全ての人が

穏やかで美しい最期でありますように。。

Follow me!