身体を動かすヨガも瞑想

* 色と呼吸とヨガで ありのままで美しく、耀く女性を応援!

 埼玉県さいたま市大宮区のヨガサロン caapashanti(チャーパシャンティ)    Kaori  です *

 

立春が過ぎ、春の暖かさを感じられる日も増えてきました。

 

先日、少しだけ花を咲かせた美しい梅の樹を眺めながら

ゆっくりと目を瞑り

静かに瞑想をしました。

 

最近はヨガで身体を動かしていることが多いため、

久々の瞑想。

 

暖かな春の日差しを感じながら

とても心地の良い瞑想でした。

 

短い時間ではありましたが

正直、瞑想ってこんなに心地の良いものだったかな?

と思うほど、幸せなひとときを感じました。

 

その時、ふと昔ヨガの師匠に言われたことを思い出しました。

 

『瞑想はたまにするくらいでちょうどいい。

若いうち、特に身体の動くうちはヨガをするんですよ。

ヨガに集中して身体を動かしている時間も瞑想と一緒。

坐るだけの瞑想は、身体が自由に動かなくなって

年を取ったらゆっくり始めればいい』と。

 

師匠曰く、

若いうちは妄想が広がってしまうので、長く坐れば坐るほど妄想族になりやすい。

でもそれは健全なこと。

瞑想として坐る時間は「たまに」くらいで心地よさを味わい

あとは全身の筋肉をしっかりと動かすことだ、と。

身体が動くには意味があり、

動くからには、「とにかく動かすこと」が大切だと教わりました。

(ちなみに、若いというのは70代くらいまでは若いそう。身体が動けばいくつでも若いということですね♪)

 

 

当時はその意味があまりわからず、

瞑想は長く坐れば何か得られるのかもしれない、、とか

まずは「坐ること」を習慣にしてみよう、、とか

思う時期もありましたが、

ヨガが日常となっている今、久々に坐った心地よい瞑想の時間を通して

師匠の仰ってくださった言葉が腑に落ちたように感じました。

 

 

日常のちょっとした、

何かに集中できる時間、没頭できる時間

心地良く頭が真っさらになれる時間が瞑想でもあります。

ヨガも同じ。

 

かつ、ヨガは筋肉を落とさない瞑想ともいえます。

昨年から今年にかけての自粛期間の影響で

『動かないこと』であっとゆうまに筋肉が落ちてしまうことを

実感している方も少なくないのではないでしょうか。

 

筋力がなければ深い呼吸もできません。

深い呼吸ができなければ、坐るだけの瞑想も穏やかに集中できません。

身体の動くうちは、しっかりと全身を動かすヨガ瞑想がオススメ。

 

 

日々身体を動かす中で、たまに静かに坐る瞑想は

本当の意味で心穏やかとなり

とても心地よく感じられるはずです^ ^

Follow me!