変化は流れるようにやってくるもの

* 色と呼吸とヨガで ありのままで美しく、耀く女性を応援!

 埼玉県さいたま市大宮区のヨガサロン caapashanti(チャーパシャンティ)    Kaori  です *

 

あけましておめでとうございます。

いよいよ2021年が始まりました。

 

今年は昨年以上に変化の多い年になりそうですが、

「変化」と仲良く付き合いながら、日常を大切に過ごしてゆきたいですね。

 

今回はそんな『変化』について書いてみたいと思います。

 

 

ヨガでも『変化』というのはキーワードです。

ヨガを行うことは、ご自身の体や心に良い変化を生み出すことでもあります。

 

ヨガにおいて目指す変化は、

『あれ?そう言えば、最近〇〇の不調、氣にならなくなってたなぁ〜』

というくらい、氣づかないうちに変化をしていることです。

 

氣づいたら氣にならなくなっていた、

 

これがヨガの理想的な変化のあり方です。

そのために、多様なポーズで身体の様々な部位へアプローチをかけてゆきます。

 

もちろん、すぐに変化は現われません。

 

『ヨガは最低でも一年は続けていただくことが大切。

例えば、週に一回でもヨガで60ポーズくらいをこなせば、一年後には嫌でも健康になりますよ』

 

これは以前、私のお師匠に言われた言葉です。

全くその通りだと感じます。

おそらく、これこそ「氣づいたら不調が氣にならなくなっていた」状態になれるのだと思います。

 

週に一回、そんなに時間の取れる方もいらっしゃらないと思いますので

ご自身のできる範囲で続けていただくことがベストですが、

何よりも大切なことは

『身体を変えよう!』とか『変わらなければ』

という意識をするのではないということ。

 

これはヨガに限らず、多くのことでも同じことが言えるように思います。

 

『変化』というのは流れるようにやってくるものだと個人的に感じています。

『変わろう変わろう!』『変わらなければ!』

そんな風に力が入っている時こそ

案外変われない理由を探していたり、変われない自分をまだ受け入れられていない時だったりするのでは、、

と思います。

 

ヨガにおいては、

とにかく深い呼吸に合わせて、身体を動かすことです。

 

身体の声を聴きながら

少しでも身体を動かしてみること、

続けてみることで理想的な身体の変化に少しづつ確実に近づきます。

氣づいたときには、何かしらの身体に良い変化が現れているはずです。

 

 

今の世の中も、きっと同じなのだろうと感じています。

ひとりひとりが引き続き、今できるウイルス対策や配慮を続けながら

氣がついたら「そう言えばコロナ、落ち着いていたね」

そんな風に言える日が来るのではないでしょうか。

 

 

そのために、まずは自分自身の身体が健康であること。

 

 

多くの情報が流れる世の中ですが、

ご自身の呼吸を思い出し

ご自身の呼吸のリズムを刻み

何にも囚われず

良い意味で掴まず拘らず

自分ではどうしようもない流れさえも身体で感じながら

穏やかに健康な身体で、心地よい日々を過ごしてゆきたいですね。

 

 

2021年もヨガを皆さまと楽しく行いながら

私にできることをお伝えできたらと思っております。

 

 

今年もよろしくお願いいたします。

Follow me!