『断れない』ことにも意味とニーズがある。『断れない』に隠された心の声と本質

* 色と呼吸とヨガで ありのままで美しく、耀く女性を応援!

 埼玉県さいたま市大宮区のヨガサロン caapashanti(チャーパシャンティ)    Kaori  です *

 

人間関係において

『断れない』そんな悩みをもつ人は多いのではないでしょうか。

 

今回は『断れない』に隠された本質について私の視点で書いてみたいと思います。

 

断れないことはマイナスなこと?

 

『断れない』=マイナスなこと

 

そんな価値観が強く人々に根付いているように感じます。

特に日本人には多いかもしれません。国民性的価値観、、

 

『断れないから苦しい思いをするんだ、、』

『断れない人は優しい、、』

『断れない人は真面目、、』

そんなことをよく耳にしますが、それって本当にそうなのでしょうか。

 

断ることができればその苦しみから解放されるの?

断れる人は断れない人に比べて優しくないの?

断れる人は真面目じゃないの?

 

ということにも言い換えられますよね。

苦しみの原因は『断る断れない』云々だけではないし

断ることが最大の優しさである時もある、

真面目か不真面目かなんてあってないようなもの。

 

物事にはコインの裏と表のようにどちらにも意味があります。どちらが良い悪いではなくどっちでも良いんです。

物事のどちらの側面を見ているか、どの位置から眺めているかで個人によって違うだけ。

けれど、時に個人の心からの意思で見ている世界ではなく『世間の価値観』という人間の決めた概念に沿って物事をみて判断することが往々にしてあります。

 

特にこの『断る』ことに関して日本人は

『断れること』を良しとしている価値観が近年はあるように思います。

 

 

そんなに単純に『断れる』=良いこと

と捉えて良いのでしょうか。

 

どんなことにも必ず意味があり、その選択と行動を人間はしています。

 

『断れない』ことにも必ずニーズがあります。

単純に『優しいから』『真面目だから』「人が良いから』

そんな一言では済ませられない心の声が誰しもあるはずです。

 

 

『断れない』ことにも心のニーズがある

 

 

お願いされたり頼まれたりすると断れない、、そんなある人がいました。

この『断れない人』の断れないことに隠れた純粋な心の声を探るべく

世間の価値観を抜きにして一つ一つ掘り下げていきました。

 

頼まれたこと、お願いされたことでやりたくないことも時にはある。

断りたいけど断れない、、そんなある人の心の内です。

 

どうして断らないの? → 相手が嫌な思いをするから。

なぜ相手が嫌な思いをするから断らないの? → 相手が嫌な思いをしたら、嫌な空氣が流れる

嫌な空氣が流れるとどうなる? → 相手が嫌な顔をするかもしれない、嫌な空氣を感じたくない、嫌な顔をみたくない

相手の嫌な顔をなぜ見たくない? →  みんなに笑顔でいてほしいから

なぜみんなに笑顔でいてほしい? → みんなが笑顔なら自分も氣分が良い自分も嬉しい

 

自分はいつも氣分良く笑顔でありたいから。。

 

そんな心のニーズが見えてきます。

 

この人は、自分の望む『在り方』を大切にしたいから

『断らない』という選択と行動をとっている。

『断らない』という選択をすることで心のニーズを満たす行為行動が働いていました。

 

こうして『断れない』ことに対する、自分のニーズが本当は何かを掘り下げていくと

断れないことが問題なのではなく、そこにはしっかりと

『自分がどうありたいか』を人を通して教えてもらっている『自分の本質』が隠れていることが多くあります。

 

 

心のニーズを認めた先にあるもの

 

『断れない』ということから知り得た自分の『在り方』や『大切にしたいこと』が見えてきたら、

その『在り方』や『大切にしたいこと』を軸に人間関係を築いていけば良いのではないでしょうか。

 

例えば先の『断れない人』であれば

『自分はいつも笑顔でありたい』という心のニーズがあることがわかりました。

この在り方を大切にできる断り方を探し実践することが、この人の学びであり悟りである、、そう感じます。

断ることと、自分が笑顔であることは全く別なこと。

切り離して考えれば、頼まれごとを断ることもできるかもしれないし、

すぐには出来なくとも、断り方を学ぶうちに慣れてくるものです。

人間関係って、そうやって築いていくもの、、

人間の心って、そうやって成長していくもの、、

と、私は思います。

 

 

最後に。。

 

断れるか断れないかの違いは

『自分が何を一番大切にしたいか、どう在りたいか』

の違いなだけ、と私は感じます。

 

一番の問題は、『断れない自分をマイナスだと捉えている自分』があることが

一番エネルギーを下げる行為だと感じます。

 

身の回りに起こる、自分にとってマイナスと感じることは

実は自分の在り方や本質に氣付かせてくれる大切な出来事。

世間の価値観に当てはめて流してしまうことなく、向き合ってみてはいかがでしょうか。

 

ますます軽やかな生き方へとシフトしていけますように。。

 

 

Follow me!