カチコチ思考を一瞬で緩める『リラックス』のための呼吸。 〜意識を選択する〜

* 色と呼吸とヨガで ありのままで美しく、耀く女性を応援!

 埼玉県さいたま市大宮区のヨガサロン caapashanti(チャーパシャンティ)    Kaori  です *

 

仕事や人間関係・家庭のことで一日色々なことがあって心が苦しいとき、

大泣きしたとき、

とにかく頭がストレス思考でいっぱいのとき・・・

 

お風呂にゆっくりと入って身体を温めたり

思いっきりジムや習い事で身体を動かしたり

ジョギングしたりすると、頭の中も心もスッキリすることってありませんか?

 

今回は『肉体的』視点から思考を楽にする方法について書いてみたいと思います。

 

 

身体をリラックスさせることで思考を緩める

 

人間は意識的にも無意識的にも

『意識』を自分で選び、選んだ意識の状態によって『思考』が生まれます。

 

『思考』はすでに意識から生まれた『結果』です。

自分で変えようと思考をコントロールすることはできません。

 

生じた『思考』に対して『思考』で立ち向かっても大元である意識が変わるわけではないので

状況によっては余計にややこしく苦しくなるだけです。

 

『プラス思考』という言葉、よく使われると思いますが

プラス思考も結局はその場の気休め的な言葉で、実は根本的な解決にはなっていないはずです。

 

だからと言って、思考が生じる元である『意識』をすぐにコントロールするのは

なかなか大変ですよね。

 

思考を楽にし、意識をコントロールするために大切なのは

『身体をリラックスをさせる』ことです。

 

 

身体を緩めて思考の性質を変える

 

思考がカチコチになっている時の身体は、筋肉がキュッと縮まり緊張している状態です。

私たちは脳で思考しているのではなく『全身の細胞』で思考しています。

 

呼吸も鼻と口だけでなく、全身の細胞でも呼吸を行なっています。

深い呼吸で心と体が落ち着くのは、全身の細胞の呼吸が穏やかになることで体の緊張が解けるから。

 

リラックスにより体の緊張が解けると思考の性質が一氣に変わります。

 

 

 

肉体を緩めるリラックスには『リズムある呼吸』がポイント

 

肉体を緩めるリラックスポイントは『呼吸』です。

 

『呼吸にリズムを持たせること』です。

 

お風呂に入ると体の血流が良くなって、心臓のリズム・肺のリズムが整い呼吸のリズムが調います。

スポーツをすることも同じで、一定のリズムが呼吸に刻まれます。

これによって肉体の緊張がほぐれ、頭がスッキリした感覚になります。

 

呼吸にリズムを持たせる動きをとることで

新たな意識を通した思考が生まれ

思考の性質をガラリと変えることができるのです。

 

まとめ

 

思考を変えるには『意識』を変えることですが、

思考が邪魔をして意識を変えることへ意識的になれないことがたくさんあると思います。

 

私は走ることが好きなので、頭が思考でカチコチになっているときは

走ることで意識を切り替えるようにしています。

 

人それぞれ好みのリラックス方法は様々ですので

ぜひご自身にとって心地よいリラックス方法を見つけてみてください。

 

リラックスは新しい意識を選択するための助けとなってくれます。

 

Follow me!