ヨガマット『厚み』の選び方。迷った時はこんな視点もあり!

* 色と呼吸とヨガで ありのままで美しく、耀く女性を応援!

 埼玉県さいたま市大宮区のヨガサロン caapashanti(チャーパシャンティ)    Kaori  です *

 

 

今回はヨガマットの『厚み』にフォーカスをして、

ヨガマットの選び方について書いてみたいと思います。

 

今やヨガマットはヨガだけに限らず様々なシーンで使われるようになりました。

ヨガマットの種類も、折りたたみ式からトレーニングに使えるような厚みのあるものまで

本当にたくさんの種類のヨガマットがあります。

 

初めて購入される方は迷われてしまいますよね。

おそらく最初に悩むのは『厚み』ではないでしょうか?

 

ヨガマットの厚みは1〜2㎜のものから10㎜のものまであるので

厚みによって全く使用感が変わってきます。

 

 

ヨガマットの厚さと特徴

 

【1㎜〜2㎜】

折りたたみ式のヨガマットに多い。

軽量・コンパクト・持ち運びに便利という点がメリット。

極薄で床や大地の硬さをダイレクトに体が感じるため、膝やお尻周りに負担がかかることもある。

 

【3㎜〜5㎜】

持ち運びにも軽量。

程よい厚みもあり、座位・立位ポーズともにバランスよく使える点がメリット。

初心者や腰痛のある方には、3㎜〜5㎜でも薄く感じることもある。

 

【6㎜〜10㎜】

厚みがあり、クッション性が高い。

初心者や仰向け・座りのポーズの多いヨガに適している。

ヨガだけでなく、筋トレなどにも適している点もメリット。

重みがあるため持ち運びには向いておらず、立位のポーズなどは足が沈んでしまうのでバランスが取りづらい。

 

 

厚みによってメリット・デメリットが違います。

ご自身がどのようなライフスタイルか? 体の状態はどうか?

どのようなヨガを主に行うのか? で厚みを選ばれると良いです。

 

 

一般的には4㎜や5㎜が初心者でも、慣れてきた方でも使いやすいと言われています。

私個人的には、4㎜の厚さが安定して比較的どんなシーンでも使えると感じています。

 

 

ヨガマットの『厚み』に迷ったら。。。

 

ヨガマットの厚みによる特徴がわかっても

迷うこともあるかと思います。

 

そんな時の一つの選択肢に

『厚み違いで2枚購入する』という方法もあります。

 

ヨガマットのお値段もお手頃な物から高価な物まで様々です。

ご自身の体や使い心地に合う厚みが見つかるまで、

お手頃なヨガマットを厚み違いで2枚購入することも良いと思います。

 

数ミリの違いでも、ポーズを取った時の感覚は全く異なります。

(もちろん素材やメーカーによっても使用感は違います)

厚みによる違いを楽しむこと、自分の感覚を感じることも大切です。

 

 

どんなこともそうですが、

『自分が心地よいかどうか?』 をベースに

様々な視点から選ばれることをオススメします。

 

 

素敵なヨガマットに出会えますように。。

 

 

 

Follow me!