調和と感謝と敬意の『合掌』で自らの心を調える

* 色と呼吸とヨガで ありのままで美しく、耀く女性を応援! 埼玉県さいたま市大宮区のヨガサロン caapashanti(チャーパシャンティ)    Kaori  です *

 

今回はヨガでもよく使われ、そして日常でも私たちがよく使う動作、『合掌』について書いてみたいと思います。

 

合掌=アンジャリ とは

 

手のひらを合わせる『合掌』は

サンスクリット語で『アンジャリ』と言います。

 

ヨガのポーズでは度々合掌を加えたポーズが出てきますが

シンプルに合掌だけを行うポーズを『アンジャリムドラ』と呼びます。

 

みぞおちの前あたりで合掌をすることにより、親指の付け根あたりが胸に触れることで第四チャクラ(ハートチャクラ)の通り道ができるとも言われています。

また、「右手は本来の姿・左手は自我の姿」と言われ、右手と左手を合わせることで本来の姿と自我の姿を調和し「全てを一体化させていく」という意味も込められています。

 

仏教では「右手が仏・左手は衆生、人々」を表し

手のひらを合わせることにより「仏と衆生が一つになり仏に成る」という意味があります。

 

表現は違いますが、どちらも『統合・調和』という意味のもと

『合掌』は『感謝と敬意』を表す動作になります。

 

インドでは『ナマステ』と言いながら

タイでは『コップンカー』と言いながら合掌をしますよね。

そして日本では、お参りの時などをはじめ「いただきます・こちそうさま」といった日常生活の中でたくさん合掌をしています。

自らの心を調和し、相手に『感謝と敬意』を表現する『合掌』という動作はとても美しい動作です。

 

 

 

 

 

合掌の力を活用し、より心穏やかに過ごす

 

合掌は『感謝と敬意』を表現する動きです。

 

多くの方が

お祈りをするとき、

ヨガをするとき、

感謝をするとき、などに無意識に手のひらを合わせているのではないでしょうか?

 

『手』には計り知れない力があります。

手のひらを合わせると、なぜだか心が穏やかになりませんか?

 

『手当て』というように

『手』には自分を癒し、人を癒す力があります。

 

日常の出来事に心揺さぶられることがある時は

みぞおちの前で丁寧に合掌をしてみてください。

 

ご自身に感謝と敬意を無条件に向けてみてください。

人は合掌をしたまま怒ることはできません。

人は合掌をしたままイライラすることはできません。

 

 

丁寧に手のひらを合わせ、美しい所作で

心を調えていきましょう。

 

Follow me!