長井自然老師へ会いに。。。その② 「いま」と「思考」

* 色と呼吸とヨガで ありのままで美しく、耀く女性を応援! 埼玉県さいたま市大宮区のヨガサロン caapashanti(チャーパシャンティ)    Kaori  です *

 

 

私たちは日々、毎瞬毎瞬、たくさんの思考をしています。

そして、実はこの「思考する」ことによって、自分で自分に問題を作り出している、、

 

 

今回は現代の名僧、長井自然老師の座禅会にて

自然老師から貴重な法話を伺った時のお話を少し書いてみたいと思います。

 

 

「わかる」とは思考の作り事。。

 

『人の苦しみは、全て自分の思考が作り出している、、』

 

自然老師はまず第一声にそんなことをおっしゃいました。

 

そしてこんなお話をしてくださいました、、

 

 

『本来、今目の前に起こること、この在りようとしては

善し悪しがない。

 

だけどそこに思考してあれこれ “ある・ない”  とか “好き・嫌い” をつけるから問題になる。

“わからない” から “何も問題がない” んです。

“わかる” から“問題になる” 、

ほとんどの人が、思考や考えにごまかされています。

実際にそんな在りようはどこにもないのです。

思考や考えの作り事でしかない。

それを皆さん事実であるように錯覚を起こして苦しんでおられる。

これ、本当にもったいないことです。

このことを知らないで生涯を終える方が大変多い。

 

もう今すぐにでもやっていただかないと、、、

 

“わかる”とは思考の作り事、、

今、この在りよう以外にはないのです』

 

 

と。。。

 

 

思考するのは人間だけ

 

ちょうど参加者のワンちゃんも座禅会に参加をしていました。

 

すると自然老師がおっしゃいました。

 

『みてごらんなさい。

このワンちゃんは「いま、この在りよう」しかない。

例えば何かに反応して「ワン」と吠えても、次の瞬間にはもう何も思っていない。

 

「いま」があるだけ。

だからこのワンちゃんは悩みがない。

問題がありませんからね。

 

あれこれ思考するのは人間だけです。

 

私たち人間も、このワンちゃんのように

ただ『今』目の前に起こることを観察する、、

 

ただそれだけです。

それだけで、全てはすでに完璧なのです、、』

 

と。。

 

 

最後に。。

 

今回は自然老師の法話の中から『思考』につてい書いてみました。

 

自然老師のおっしゃるように

私たちは、目の前に起きた『いま』へ、自分でたくさんのジャッジを加え

問題を作り出しています。

『わかる』ことが思考の作り事であることにすら、氣づかずに過ごしています。

 

 

一緒に参加した方が、自然老師の言葉をまとめてくれました、、

 

 

『いま』とは、、、

 

一秒間の十万分の一コマでできている

そこに思考は必要ない

ただ事実のみが存在する

 

十万分の一の『いま』に集中し

ただ目を見開いてゆくのみ、、、、、

 

さすれば

宇宙のリズムと同調し

本来の自分という真実を体感し得る。。。

 

 

ただただ、目の前の『いま』という事実を

この在りようを

観察者として

見つめていきたい。。。。

 

 

そう思います。

自然老師、本当に素晴らしいお方です。

そして禅の世界も素敵です。

 

Follow me!