相対性を活用し、視点を変えたメリハリ生活で日常を大切に。。

* 色と呼吸とヨガで ありのままで美しく、耀く女性を応援! 埼玉県さいたま市大宮区のヨガサロン caapashanti(チャーパシャンティ)    Kaori  です *

 

自粛生活が始まり、これまで当たり前だったことに

多くの人々が氣づき、尊さを感じています。

これまでの生活に有難さを感じている人は多いはずです。

 

当たり前のように職場に行き仕事ができること

当たり前のように学校へ行き学ぶことができること

当たり前のように友達に会えること

当たり前に命があること

などあげだしたらきりがないほど

コロナは感謝を感じられる多くの氣づきを与えてくれます。

 

 

どれも当たり前にできている時には何も感じなかったけれど

こうして自粛という状況になって初めて

『有り難いことなんだな、、』という感情が湧いてくるものです。

 

 

きっと、また以前のような生活の戻れた時には

仕事ができること、学ぶことができること

友達と会えることなどに新鮮さや、当たり前ができることへの実感に

有難さを感じるのではないでしょうか^ ^

 

 

私たちは、こうした相対的な感情の差によって

行動や意識に明確な違いが生まれるように思います。

 

 

この相対的な差を活用し

長くなってきた自粛生活にもメリハリを与え

自粛生活すら成長の糧にできるのではないでしょうか?^ ^

 

 

そのために、視点を変えた工夫をすることが大切ですが、

ポイントは『意識を高める』ための工夫をすることだと感じます。

一番は『有難い』と思えるようなことへフォーカスできる工夫です。

 

 

これまで『当たり前』だと思っていた『物事の見方』を変えてみるのも大切です。

様々な視点を持ってみるということです。

むしろ良いチャンスだと私は思っています。

視点を意図して変えてみると、普段の何氣のないことが『有難い』という

感謝の対象に変わってゆきます。

 

 

全ての真の幸福のベースには『感謝』があります。

 

 

先の見えない毎日で

生活にストレスを感じたり、

氣が滅入り始めている方もいらっしゃるかもしれませんが

この自粛生活の中からも『感謝』を感じられる心豊かな瞬間を

多くの方が見つけてゆけたらいいなぁ、、と感じます。

 

 

 

ひとまず私はこれまで当たり前に購入していた

お野菜を育ててみようと初心者にも優しいパセリの種を

植えてみました。。。

ハードルを上げすぎない、、ということも大切です😌

 

楽しみです╰(*´︶`*)╯

Follow me!