コロナによる不安や恐れの意味、心と意識・呼吸が教えてくれること。。

* 色と呼吸とヨガで ありのままで美しく、耀く女性を応援! 埼玉県さいたま市大宮区のおうちサロン caapashanti(チャーパシャンティ)    Kaori  です *

 

 

今日も暖かな1日でしたね(^ ^)

私は毎朝、植物を眺めながら呼吸をする時間が至福なのですが

新緑が芽生え始めた自然界の香りは初夏を感じさせてくれるくらい澄み切った空気です🌱

 

 

在宅勤務や休校で朝の通勤通学時間が短縮されている分

朝に少しゆとりができた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

朝、緑のある場所で少しゆっくりと深い呼吸をすること、

とてもオススメです(^ ^)

 

 

自然界を眺めていると

このザワザワとした人間界が嘘のように穏やかで順調ですが

ふと世の情報に目をやると、日に日に自粛ムードが厳しくなる情報に溢れ

思わず不安や恐怖に気持ちがのまれてしまいそうになりますよね。

 

 

今回も私の視点や感覚からのお話になりますが、

今、多くの人々の心を揺すぶっているコロナによる『不安や恐れ』

について書いていきます。

とはいえコロナに限らず、どんなことにも言えることでもあるので

何かお役に立てたら幸いです。

 

不安と恐れ

 

『不安や恐れ』というのはあっていいし、感じていいし、感じた方がいい感情です。感情はどの感情もそうですが、しっかりと味わうためにあります。

 

世の中こんな状況です。

誰だって、『冷静を保っていよう!大丈夫!』

と思っていたって不安や恐怖を感じる瞬間はあって当然。

 

ただ、その感情にずっと浸ってしまうと

感情に振り回され、起こる現実も不安や恐れからの現実となります。

 

ここで大切なことは

不安や恐れの感情を味わっているのなら

そこには必ず意味がある。

心の中に、メッセージがある。

それに『氣づく』ことです。

 

氣づきのためのヒントは『陰と陽』だと私は思っています。

この世界の全てのことには必ず2つの面があります。意味がある。

 

例えば今、このような生死に関わる問題が世の中に広がっています。

『死』というものをより近くに感じ、不安や恐怖を感じている人は多い。

だけど、『死』をより意識しているということは同時に

『生』ということへも強く意識をしていることでもあります。

 

『死』と『生』は一つだから。

 

より『生』について考えている、、、

 

 

不安や恐怖という感情の先には

真剣に『生』と向き合う心があるのです。

 

多くの人が『死』を意識するから『不安や恐怖』を感じている

 

だけどそれは同時に

多くの人が『生』についてより深く思い、考えているということです。

意識をしていなくとも、『生きる』ことに向き合おうとしている証しです。

それも今回のウイルスの影響で世界同時に、世界中の人々が『生』について真剣に考え始めているということでもあります。

 

人って

 

『生』があるから『死』が美しく

『死』があるから『生』が耀く。。。

 

私はそう思います。

 

だけどこれも

『わたし』と『あなた』がいてこそ

知り得ること。

 

 

この世に『わたし』しかいなかったら

『生』も『死』も意識も認識もすることができません。

 

 

私たちは今、『生』と『死』に強く向き合うときに直面しているのです。

『あなた』を見ながら『わたし』と向き合っている。

 

だから『死』からの恐れや不安という感情が湧いてくることも

ある意味自然なことでもあります。

『生』を意識するために。。。

 

 

時代の転換期を迎えている

 

今、物質的な豊かさが臨界点に達しているときだと感じます。

まさに『生きる』ということ

『生き方』・『あり方』がひとりひとりに問われているとき。

物質的豊かさから

精神的豊かさへの変換期。

 

どんな『あり方』で自分は生きていたいか、、

 

心深くと向かい合うために与えられた『恐れと不安』という感情です。

感情の先にあるメッセージは

『死』ではなく

『生きる』ことに真剣に向き合うこと。

 

だからもし、不安や恐怖を必要以上に感じているな、、と思ったら

『生』ついて意識している自分の心があることに氣づいてあげてください。

 

そして、自分は『どうありたいか?』

ゆっくり心と向き合ってみてください。

 

 

呼吸の力で心と向きあう

 

ポイントは『呼吸』に意識を向けることです。

いつもよりもゆっくりと深い呼吸をとってみてください。

難しく考えなくて大丈夫。

ただただ、『呼吸している自分』を観察するだけです。

 

すぐに分からなくても大丈夫。

 

焦らなくて大丈夫。

 

それぞれのタイミングで

 

『今、わたしはどうありたいか?』

 

ふと心に浮かぶ『今』が訪れるから。。。

 

 

今、どんな感情であろうとも

『大丈夫』ということです。

 

 

最後に・・・

 

そろそろ桜の時期は終わりを迎えていますね🌸

こんな激動の中でも

変わらず美しい姿を私たちに見せてくれた桜。。。

 

桜が散り始めの公園へ行きました。

儚くも美しい人生をみせてくれる桜に

生き方を学んできました。

 

自然と調和し

心豊かに、皆で手を取り合い生きてゆく世界が訪れますように。。。╰(*´︶`*)╯♡

 

 

 

 

Follow me!