『後悔』という体験を引きずらない心の持ちよう

* 色と呼吸とヨガで ありのままで美しく、耀く女性を応援! 埼玉県さいたま市大宮区のおうちサロン caapashanti(チャーパシャンティ)    Kaori  です *

 

 

生きていると、、日々色々なことが起こります。

小さなことから大きなことまで。

 

その時その時でとっさに出来ること、

伝えられることを人は皆、無意識にしています。

 

その時できる最適最善と思えることをする。。

 

だけど振り返った時に

なんであんなことしちゃったんだろう、、

なんであんなこと言っちゃったんだろう、、

なんでこんな風にできなかったのだろう、、

なんで、、なんで、、?

 

そんな『後悔』という感情の波が押し寄せてくることって

たくさんあります。

感情の渦に飲み込まれそうになる、、。

飲み込まれる、、、、。

 

 

だけど、ここで一度『一呼吸』。

 

 

『 吐いて、、吸う

吐いて、、吸う  』

 

 

心の観察者になります。

 

 

人は誰しも、その時最善・最良だと思うことをしている。。

たとえ疲れていて優しくできなかったとしても

たとえ『これが最善』とその時は思えていたことがエゴだったとしても

たとえ怖くて自分を保守することで精一杯だったとしても

たとえ、、たとえどんな状況だったとしても

その時できること、できる最高のことをしている。

 

だからこそ『後悔』に目を向けないこと、

後悔や批判や怒りや悲しみに目をむけて

「自分には何が足りないのか・・・いけないのか・・・』

と自分を苦しめ、後悔という嵐の渦に飲み込まれないこと。

 

 

意識を向けた方向に道が続いてゆく世界です。

 

人は『感情』を味わいたくて体験をします。

そもそも人間の本体は感情のエネルギーです。

感情が人間を運んでいる、、『感情』という車に人は乗っています。

感じた感情を『どう捉えたか?どうハンドルを切るか?』で生きる方向性が決まります。

 

 

だからこそ『後悔』という感情を自分で避難しないこと、、。

 

『後悔』から得られた

「次は優しくできる自分でありたい」

「次はもう少し落ち着いて伝えられる自分でありたい」

「次は本音を言える自分でありたい」

という思いこそが、宝物。。

『後悔』という感情を通して、その思い(宝)を得るために

この体験をしたのです。

 

 

『後悔』という感情をどう捉えるか?

 

『もっとこうすればよかった・・・』の意識を持ち続け、同じパターンを生きてゆくか、、

自らの内側にある『光』へ焦点を当て、乗り越え『気づき』を得て『愛』という生き方へ切り替えていくか・・・

 

 

どちらの『あり方』で自分はありたいか、、、

 

 

全ての体験は

『愛』という宝物に変えるための、

内なる『光』に焦点を合わせるための、

『気づき』を光でくるみ耀かせていくための、

出来事だと私は思っています。

 

 

あなたはどんな『あり方』で

どんな心持ちで

ご自身の光を耀かせていきたいでしょうか╰(*´︶`*)╯